原稿用紙2枚分

はてなブログの文字カウンターで800字分

ナボナでおやつテロ

職場へのおやつテロをたまに仕掛けています。特に何の理由もなく、京都オフィスの誰か(だいたいチーム単位とか場所単位とか)宛に、通販で買ったおいしそうな何か、品川駅で手に入るような駅ナカスイーツなどを押し付けます。素直に分けて食べてもらえるととてもうれしい。一度おやつテロに慣れていないグループに突然おやつテロを仕掛けたら、そのグループのメンバー多数が困惑していて、そのときは申し訳ないことをしたなと思いました。

この間少し遅れて出社するとき、そういえばあまり東京オフィスにはやったことがないや、と思い当たって(ポテチパーティーしようぜ!と無理矢理ポテトチップス4種類くらいをおやつコーナーに置いたことはある)、寄り道して亀屋万年堂ナボナを買っていきました。以前同僚が「特にどこにも行っていないけどお土産です」とナボナを買ってきてくれた行為のパクリです。さすがに全員分買うと大変な額になるので、程よい個数のセットにしました。亀屋万年堂のお菓子は、ナボナにしてもママンミールにしても、プレーンなものの方が美味しく感じるのですが(私見です)、詰め合わせる場合は期間限定の味が優先されるのを初めて知りました。

ナボナといえば「お菓子のホームラン王」のキャッチフレーズで巨人の王選手(当時)がCMに出演していたことで有名なはずなのですが、関東ローカルのCM、かつ亀屋万年堂自体が東急線沿線を中心に店舗を出しているため、東京以外の出身の人は「ナボナ」という固有名詞にそもそもなじみがないようです。自分自身、神奈川出身だけど「ありあけのハーバー」が横浜銘菓であること、全然知らなかったしなぁ。

これまで一番好評かつ手応えのあったおやつテロは、大阪にある芋菓子屋さん「嶋屋」の「ポテト」です。大学いもっぽいけど大学いもとはちょっと違う。うまいです。