読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原稿用紙2枚分

はてなブログの文字カウンターで800字分

ナボナでおやつテロ

職場へのおやつテロをたまに仕掛けています。特に何の理由もなく、京都オフィスの誰か(だいたいチーム単位とか場所単位とか)宛に、通販で買ったおいしそうな何か、品川駅で手に入るような駅ナカスイーツなどを押し付けます。素直に分けて食べてもらえると…

三寒四温

昼間は妙に暖かく、夜になると風がとても強くて非常に寒かった。直接はでくわさなかったが、時折雨音も響いていた。朝の天気予報の雨マークを見逃したため、まったく傘を持つなんていうことを考えていなかったので非常に困った。雨はだいぶひどかったけど帰…

名前

昔、自分の名前の由来を親に聞いてみたことがある。しかしなかなか要領を得ない。「いくつか候補を挙げた中で一番しっくりきた」「響きがよかった」「画数がよかった」「作家の三浦綾子さんと曽野綾子さんにちなんだ」など、何度聞いても複数の理由が違う組…

教養

先日「編む庭」というイベントに登壇させていただいた際、Web編集者にこれから必要なものは?という質問に対して「教養」と答えた。この答えを用意するまでにだいぶ迷い、「写真や動画の技術」「センス」「日本語の基礎力」など、必要だけど無難なものをいろ…

800文字にしました

これまで原稿用紙1枚分・400文字で1記事書くというのをなんとなく続けてきましたが、このたび2枚分に倍増し、文字も800文字と倍にいたしました。URLだけ400のままです。もともとなぜ400文字というのを始めたかというと、以前文字数が決まった連載を持たせて…

日記

400文字で日記を書いてみるというのはどうだろうか、とふと考えた。これがどんなに大変なことか知っている。まず毎日続けるのは難しいし、毎日400文字分も文章にできることがあるかというとこれまた難しい。いや日常の細かいところをすくいあげれば!みたい…

子宮内膜症

女性アイドルの方が子宮内膜症であることを発表された。若いのになあ、なんて思いつつ、いや若いから発症するんだった、と婦人科の本を引っ張り出す。私はずっと自分が子宮内膜症であることに気づかずチョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣のう腫)持ちだと判…

大阪・中之島

大阪に行ってきた。行程の中で一人で適当に歩くのにちょうどいいくらいのまとまった時間があったので、散歩してきた。Ingressもやりつつ写真も撮りつつというのはなかなか難しいし、どっちかに集中した方がよりよい成果――何をもって「成果」とするのかよくわ…

SMAP

SMAP解散騒動が勃発してからというもの、常に頭のどこかでSMAPのことを考える日々が続いている。「#世界に一つだけの花」を合間合間にチェックし、寝る前にも一通り目を通す。明日の朝も無事に迎えられますように、せめて悪いニュースはありませんように。い…

「バイバイ」

なんとなく大相撲春場所(大阪府立体育会館のネーミングライツがつらい)をテレビで見ている。 大阪に住んでいるとき、ちょうど大相撲の不祥事で春場所の開催がなくなった。大相撲か何のスポーツ観戦でそのうち大阪府立体育会館に行くことがあるだろうとぼん…

新幹線の思い出

夕方頃に上りののぞみに乗っていた。長い長い静岡、箱根の山を越えて、窓側のA席から神奈川の風景をぼんやり窓から見ていた。車窓と電源があるという理由で選んだ。 空のB席を挟み、通路側のC席に若い女性がいた。新横浜に近づく頃にそうだとわかった。その…

知らない人

知らない人と会って話すというのが小さい時から本当に苦手だ。適切な話題を続けていけているか、本来の趣旨と離れていないか、もし交渉なら設定したゴールに近づけられているか、相手に悪印象を与えていないか、言葉の選び方は適切か、言ってはいけないこと…

お正月の食文化

大阪のお正月がどんなものか実感を得ぬまま大阪を離れてしまった。お正月の魚といえば関東ではなんとなくまぐろの刺身というイメージでいたけど、関西では鯛を1匹焼いたものがずらっとスーパーに並び、ぶりを焼いて食べる、らしい。年始用の練り物に「桜玉」…

長い休み

9連休(カレンダー通りの休み)に突入した。若い頃(幼少時~20代)は年末年始の休みがあまり好きではなく、学校に行っていた頃は「早く冬休み終わらないかな」と思い、大学生の頃はバイトの予定を入れていた。最初の職場は年末年始も業務があって、休みの申…

六本木

先日ふらりと六本木に行った。社会人人生の1/3くらいを過ごした地域で、今も昔も好きな街かというと微妙でなんともいえない。勤めていたときは結構いろいろなことがつらい時期で、華やかなクリスマスシーズンにきれいに彩られたディスプレイの前やにぎやかな…